楕円形の急須「ふく」-山形工房の鉄鋳物

山形工房 急須 ふく
コロンと丸い急須の形が昔から好きなのですが、これは一目ぼれした楕円形の急須、山形工房の「FUKU(ふく)」です。使うほどに味が出る、鉄製の鋳物です。

山形工房 奥山清行デザイン ティーポット fuku
デザイナーは、イタリア人以外で初めてフェラーリをデザインしたことで有名な、奥山清行さん。元々カーデザイナーですが、日本の職人の技術の素晴らしさを世界に広めるべく、現在は工業デザイナーとして鉄器や木工製品などもデザインされています。

この急須も、ずっしりと重く安定感のある鋳物なんだけれども、形はかわいらしく、現代の食卓にもよく合います。

そして、急須が熱くなるので敷物代わりにしているのは、茶托の「TSUKI(つき)」。湯呑みを置くためのものですが、形といいサイズといい、驚くほど「FUKU」にぴったりじゃないですか!? FUKU同様鋳物で出来ていますが、使うほどに色が移ったり少し錆びたり、どんどん愛着が湧いてきます。日本の伝統工芸品は素晴らしいなぁ、と改めて感じます!

山形工房

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>